私が雨が嫌いな1000の理由

  • LINEで送る

こんばんわ。

 

この頃雨が続いて陰鬱としますね。
皆さんのご機嫌はいかがでしょうか。

 

私はと言いますと、雨が泣くほど嫌いなので勘弁してください・・・と言いながら目を覚ましています。

 

これほど最悪な目覚めもなかなかないとは思いますが、雨のシトシト音が聞こえると、そうですよね・・・と言うしかありません。

 

しかし僕ほどではないにしても、皆さんも雨に対していいイメージを持ってはいないんじゃないかと思います。
成人の方はお母さんが傘を持って迎えに来てくれませんしね。

 

仮に持ってきてくれたとしてもちょっと照れくさいですしね。

 

ではここで僕がなぜ雨が嫌いなのかを1000個ほど箇条書きでまとめてみます。

 

1、雨の日特有の湿気
2、電車が臭い
3、洗濯ができない
4、傘を持つのが嫌い
5、傘持ってる人に刺される
6、水の音が好きではない

 

~中略~

 

1000、電車が臭い

 

行数制限で全部は書ききれなかったですが、こんな感じで大体1000個ほど雨が嫌いな理由があるのです。

 

しかしこのままでは雨が好きな人がムッとしたままこの記事を読んで一生大三元に来てくれない可能性が120%ありますので、最後に少しフォローをしたいと思います。

 

でも、雨が止んだ後の澄んだ空気は大好きです。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*